カンボジアの胡椒

カンプチアペッパー

黒胡椒

かつてカンボジアがフランスの統治下であった頃、彼らによって植えられた胡椒は、その香りのすばらしさから東南アジア一番のブランドでした。
その後、ベトナム戦争からポルポトの時代で、胡椒栽培は換金作物として排除され、技術者は処刑されるという悲しい歴史があります。
この数年、胡椒栽培に対する日本からなどの支援もあり、復活を遂げ始め、やっと海外の要望に満足して頂けるまでの作物が収穫できるようになりました。

我々が組織する農民組合があるコンポンチャム州は、土壌が胡椒栽培に適しており、香りの良さはカンボジア有数と思われます。
食の「安全面」から言いましても、この地域の農民は資金に乏しく、農薬の購入にも事欠く状態が続き、自然農法を余儀なくされておりました。
我々が、彼らから直接購入することにより、有機肥料・土壌改良・種の管理を行い、継続的な胡椒栽培が可能になり、消費者に現地農民の顔が見えるような「安全な胡椒」をお届けする事ができます。

この「特選コショウ」は、ひと粒~ひと粒~、現地職人が時間を掛けて選別いたします。また、「天日干し」は人口乾燥と違い、香り・辛味が逃げません。
砂や小石の混入がありますので、目視、機械による選別に要注意なのです。
また、お安くお手元に届くように…と、包装はいたって簡単です。

CFFO(NGO)に参加しています。

カンボジア産 特選粒胡椒(つぶこしょう)

黒胡椒

黒胡椒とも呼ばれ、胡椒の木から完熟前の未だ青い実を摘み取り、天日で自然乾燥させたものです。
世界中のどんな地域を旅しても、塩の隣にブラックペッパーの小瓶が並んでいると言われていますね。
強い独特の風味があり、特に牛肉との相性が良いそうです。

胡椒の風味は土により決まります。
かつて、フランスはカンボジア産の香りを至高としておりました。
しかし、悲しい内戦の間、胡椒は換金作物として栽培を禁止され、その伝統は途絶えたかに見えました。ところが、近年日本を始め各国の努力により、各産地にて復活の兆しが見られ、やっと従来に近い品質の胡椒の生産が出来るようになりました。

コンポンチャム州は有数の生産地であり、現在貧しい農民達が自立を目指し組合を作って栽培に励んでおります。
我々は、彼らを支援し、品質向上をはかり、直接購入し、直接皆様にお届けいたします。
粒の不揃いは有りますが、採りたての新鮮な香りをお楽しみ下さい!

ブラックペッパー

商品の詳細について
名称 ブラックペッパー
原材料名 天日干し粒胡椒
内容量 40g
賞味期限 1年(開封後90日)
保存方法 直射日光・高温多湿を避けて保存して下さい。
商品説明

スパゲティーに、ビーフ、ポーク、チキン料理に…ちょっと贅沢してみませんか?

※粒胡椒はホール(原形)ですのでペッパーミル(胡椒挽き)または、すり鉢で粉末にして使用下さい。

※ペッパーミル(胡椒挽き)は各種量販店でお買い求めできます。

市販の胡椒とは違い、香り・風味がとても強い香辛料です!

原産国名 カンボジア(コッポンチャム州)
輸入者 サクセスワーク
販売価格 670円(送料別途)

マイ・オークションをごらんください

コチラからも購入できます!